宝くじは何歳から買える?未成年でも購入や受け取りはできる?

宝くじは何歳から買える?未成年でも購入や受け取りはできる?

Pocket

宝くじで高額当選すると、一気に生活が変わってしまうほどのお金が入ってきますね。

だからこそ、多くの人が億万長者を夢見てさまざまな種類の宝くじを購入します。

そこで気になるのは、宝くじは何歳でも買えるのでしょうか?

本記事では、「宝くじは何歳から買える?未成年でも購入や受け取りはできる?」か調査しました。

男の子
親に内緒で宝くじ買って、高額当選したら全部自分のものにしようっと!

果たしてそんなことができるのかについても調べてみました。

ちなみに、2022年4月1日より、成年年齢が20歳から18歳になります。

 


宝くじは何歳から買える?

宝くじは何歳から買える?

結論から言うと、宝くじは未成年でも購入することが可能です。

法律上では宝くじに年齢制限は存在しないので、サマージャンボ宝くじや年末ジャンボ宝くじ、スクラッチなどは何歳でも購入することが出来ます

ただ、道徳的な観点だったり、無用なトラブルを避けるために、売り場によっては18歳未満の購入を禁止しているところもあるようです。

なので、法律では未成年の宝くじの購入はすることができても、実際に店舗に行ったら宝くじの購入を断られたというケースもあります。

ちなみに宝くじでも、そもそも未成年でも購入できるものと購入できないものがあるので紹介していきますね。

 

未成年で購入できる宝くじ

まずは、未成年でも購入できる宝くじは以下のものになります。

未成年で購入できる宝くじ

  • ジャンボ宝くじ
  • 数字選択式の宝くじ
  • スクラッチ

ジャンボ宝くじは、抽選形式で購入した宝くじの番号と一致したら当選になる宝くじです。

サマージャンボや年末ジャンボがそれに当たりますね。

数字選択式の宝くじは、ロトシリーズやナンバーズ、ビンゴ5といった、自分で好きな番号を選択し抽選で一致したら当選する宝くじです。

スクラッチは、宝くじ売り場で購入して、10円玉でこすって当たりが出れば当選というとてもわかりやすい宝くじになります。

ワンピースなどアニメとコラボしていることが多い宝くじですね。

 

未成年(18歳以下)では購入できない宝くじ

宝くじには年齢制限がないといいましたが、以下の宝くじには法律によって19歳未満は購入することが出来なくなっています。

未成年が購入できる宝くじ

  • toto
  • BIG

こららの宝くじは、「スポーツ振興くじ」と呼ばれ、一般の宝くじとは扱いが違っています。

第三章:スポーツ振興投票の実施
第九条:十九歳に満たない者は、スポーツ振興投票券を購入し、または譲り受けてはならない。

引用元:衆議院公式サイト

スポーツ振興くじでは、購入だけでなく、貰うことも禁止されていることがわかりますね。

勝敗の有無が関わってくるので、公営ギャンブルと同じような性質だからかもしれません。

 

宝くじは未成年でも受け取りはできる?

宝くじは未成年でも受け取りはできる?

未成年でも宝くじは購入できることはわかりましたね。

では、未成年が宝くじを買って、当選した場合は未成年だけで当選金を受け取ることはできるのでしょうか?

ここでは、未成年が当選した場合の受け取り方や、当選金額によってどんな受け取り方法になるのかを紹介していきます。

未成年が宝くじで当選した場合は、金額ごとに受け取り方法が変わってきます。

5万円以下の当選金額であれば、問題なく換金出来ます。

ですが、それ以上の高額当選になると保護者の同意が必要になったりしてきます。

詳しい受け取り方法をそれぞれ紹介していきますね!

 

当選金額が1万円以下の受け取り方法

宝くじの当選金額が1万円以下の場合、どこの宝くじ売り場でも当選金を受け取ることができます。

特に身分確認もないと思うので、学校の制服などでない限りは、未成年でも受け取ることができるでしょう!

 

当選金額が1万円以上5万円未満の受け取り方法

当選金額が1万円以上5万円未満の場合は、5万円マークがある宝くじ売り場もしくはみずほ銀行での受け取りになります。

5万円マーク

宝くじ売り場では身分確認等はないと思われますが、銀行での受け取りとなると親が同伴していないと受け取れない可能性があります

なので未成年の場合は、5万円マークのある宝くじ売り場で当選金の受け取りをおこないましょう。

 

当選金額が5万円以上50万未満の受け取り方法

当選金額が5万円以上50万未満の場合は、当選した宝くじの裏面に氏名と住所の記載が必要かつ、みずほ銀行のみでの受け取りになります。

なので、未成年で50万円未満の金額が当選した場合は、親の同伴が必要になりそうですね。

 

当選金額が50万円以上の受け取り方法

当選金額が50万円以上の場合は、顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)が必要になります。

もちろん当選金の受け取りはみずほ銀行でのみ可能です。

顔写真なしの本人確認書類(健康保険証など)の場合は、追加書類の提出を求められることがあります。

未成年の場合だと、本人確認書類を準備するとなると親への説明が不可欠になってくると思うので、できるならば親に同伴してもらったほうが良いかもしれません。

 

当選金額が100万円以上の受け取り方法

当選金額が100万円以上の場合は、本人確認書類に加えて本人の印鑑が必要になります。

また、みずほ銀行での受け取りになりますが、受け取りの手続きでは1週間かかる場合もあるようです。

なかなか50万円を超えた当選金額を親にバレずに受け取るのは至難の技ですね。

素直に親に話して協力を仰いだほうがいいでしょう。

 

18歳未満の未成年が当選金を受け取るには保護者の同意が必須

ここまで、未成年でも宝くじを受け取ることができるとは説明しましたが、実は法律により18歳未満の未成年は保護者の同意がないと当選金を受け取ることが出来ないと決められているんです。

民法の824条には以下のように書いてあります。

民法第824条
親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する。
ただし、その子の行為を目的とする債務を生ずべき場合には、本人の同意を得なければならない。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

なので、銀行に未成年が当選金を受け取りに行ったとしても、みずほ銀行側が法律に則って当選金を未成年に渡すことは出来ません。

未成年の財産は、親が管理しないといけないのでがすがそうなると以下のように不安になる人もいるかも知れませんね。

未成年の男の子
俺の当選金を親が勝手に使ったりしたらどうしよう・・・

法律では保護者が子供の財産を勝手に使うことは認められておらず、あくまで管理だけです。

保護者が子供の当選金を勝手に使うと違法になるケースもあるので、親御さんも注意しておきましょう!

 


宝くじのネット購入なら未成年でも購入できる?

宝くじのネット購入なら未成年でも購入できる?

宝くじではネットでも購入することが出来ます。

こちらも法律上の年齢制限はありません

ただ、ネットで宝くじを買うには会員登録が必要になるのですが、その会員登録に未成年は登録できないようになっているんです。

なので、実質的には未成年はネットで宝くじを買うことは出来ないようになっています。

たとえ、年齢を偽って登録したとしても、口座番号など個人情報を入力する必要があるため不正がバレてしまうのでやめましょう!

 

宝くじは何歳から買える?未成年でも購入や受け取りはできる?:まとめ

宝くじは何歳から買える?未成年でも購入や受け取りはできる?:まとめ

本記事では、「宝くじは何歳から買える?未成年でも購入や受け取りはできる?」か調査しました。

宝くじが何歳から買えるのか結論から言えば、何歳でも購入することが出来ます

ただ、店舗によっては未成年お断りとなっている場所もあるので注意しましょう。

宝くじの当選金の受け取りに関しては、法律により未成年は保護者の同意がないと受け取ることが出来ないようになっています。

なので、親にバレずに宝くじを購入はできても、高額当選した場合は保護者が同伴していないと受け取れないので諦めましょう!

どうせならば親と一緒に宝くじを楽しむのが一番ですね!